入院履歴(1)

d0044764_11513075.jpg

「ソロモンよ!私は帰ってきた!!」

ご心配おかけしました とりあえず半ば無理矢理退院してきました^^
まだ長時間身体を起こしていると気分が悪くなるのでTVもPCも30分が限界というまるでウォーズマンのような状態ですが入院なんて初体験&めったにするもんじゃあないんでせっかくなんでそんときの話でも書こうかと思いまする
(写真は採血しすぎでなんかクスリやってる人みたいになっちゃった腕)



○入院する2日くらい前から左後頭部(耳の裏辺り)が異常に痛み出し、んじゃ明日辺り医者にいこうと決めた翌日に入院
なんか毎回こんな感じ
「仮面ライダーカブト」第一話放送翌日だったのは何か意味があるのか

その日は朝五時ごろにトイレにいこうと目が覚めたんですが、立ち上がった瞬間にひどいめまい
もう世界がグワングワン回っててまともに立てない
承太郎に殴られたDIOのように立てないっ!!
そんな状態でなんとかトイレに行き、部屋に戻るが
とりあえず水分をとろうと冷蔵庫まで行きポカリを飲んだところで力尽きる
もう頭痛と目まいと吐き気で立ってられない
その音に気付いてカミさんが起きてきた

救急車を呼ぶかで悩んでたが身体の左側を下にして横になるとまだマシなことに気付いてその姿勢でうずくまってたら寝た
で、起きてからカミさんの運転で近くの病院へ向かう
もう車に乗るだけでツライ
後部座席に横になるんだけど中央部がちょっと盛り上がってるじゃないすか
あのせいで頭が少し身体よりしたになっちゃうんでスゲエ気持ち悪い
なんとかガマンして病院にいくが車から降りられる状態ではない
「ウチでは対応できないから大きい病院を紹介する」と言われ紹介状を書いてもらう

目指すは「昭和大学病院」 
ウチからだと自転車で10分ぐらいのトコにある
地下の駐車場に車を止め、自分はまったく動けないのでとりあえずカミさんが受付に向かう
病院自体が月曜日で混んでいるのと対応した人間が新人だったせいもありストレッチャー(搬送用のベッド)で迎えに来るまで寒い車内でうずくまりながら1時間放置
こんなことなら素直に救急車呼べばよかったと猛烈に後悔

とりあえず酸素吸入と点滴を一時間半ほどうけるがまったく効果なし
酸素吸入のマスクを口にあててるのはちょっとパイロット気分でうれしかったが、効果はまったくない
とにかく身体を左下向きにしてうずくまるしかできないの

ここで新たな武器が投入される

「ハイっ、座薬~(のぶ代)」

オレの記憶に間違いがなければケツから入れる薬だ
看護婦が「入れましょうか?それともご自分でいれますか?」と聞いてくる
朦朧とする中まだ恥ずかしさがあるらしく自力で座薬を投入を決意表明
「ザ・座薬 初体験!」
まるで弾丸のようなソイツを菊の御門へギュっと奥まで押し込むが、校門括約筋の活躍で微妙に押し戻されてくるのでなかなか手ごわい
ま、こんな感じかなとしばらく様子を見るがまったく効き目なし!
とりあえずこの状態ではどうしようもないので「入院」を勧められる
だが大部屋(5人部屋)が空いてないらしく2人部屋しか空いてないとのこと
2人部屋は大部屋に比べて一日一万円多くかかる
それでもしょうがないのでカミさんが了承し、そのまま部屋に運ばれた

2人部屋だがお隣は空いてて自分ひとり
この段階では痛みと目まいの為にまともに目を開けることも出来ないのでどんな部屋なのか、それ以前にどこなのかもよくわかってない
身体は常に左向きでそれ以外の体制はとれない 
ちょっとでも上を向くと猛烈な吐き気が襲ってくる
とりあえずその日は栄養剤や目まい止めの点滴を受ける
面会が20時までなのでカミさんは入院に必要なものを準備したあと帰宅
身体を起こせるわけでもないしなにもできない
口から出る言葉は「苦しい」と「助けて」のみ

起きてると気持ち悪くてしょうがないんだが寝ると悪夢にうなされる
悪夢といっても怖い夢とかではない
同じシュチレーションの夢を延々と5~10分置き位に見続ける
この日はなにか目の前が白くなって扉が開くと宗教画っぽい絵が出てきてそこで目が覚める
苦しんで苦しんでもう朝だろうと思って時計をみると「23:11」
んで、また眠ると同じ夢 これが朝電気が付く6時まで7~8時間続く
だいたい4日目ぐらいまでこんな状態で精神的にものすごく苦しかった


翌日は検査 脳梗塞の疑いもあるのでCTとMRIを取る為、検査病棟に向かう
自分が入院してたのは東棟らしく検査設備のある本館には専用の車(ラブワゴン)で移動しなければいけない
もちろんまだ起き上がれないので左向きに丸まったままストレッチャーで運ばれる
これがまた気持ち悪い
目を閉じた状態でキモイ悪いまま運ばれるからちょっとしたカーブや高低差で吐き気が襲う
コーナー3回で失神どころじゃない
まして車だぁ?なんでこんな不便なつくりなんだと気持ち悪いながらにイライラ

いざ、MRIの検査室に来てみれば身体を上に向けないととれないとのこと
医者の人たちがどうしようか~と悩む
いやいや、つか体起こせねえって昨日からいってるでしょうが!
なのにここまで移動させてきて、、それでさらに悪化しとるよ
で、MRIは無理なのでとりあえずCTをとる
そしてまた苦痛の車移動で病室へリターン
なんつーシステムだここ

で、午後はまた病室で気持ち悪さと悪夢との戦い
座薬もまったく効果がないので注射のお薬を試してみることに
これがね、すげえ痛いの
麻薬に近いモノらしくて痛みをマヒさせる感じのクスリ
で、これが効く効く!
とりあえず夜中に打ってもらったんだけど30分ほどで痛みが止まった!!ブラボー!オー!ブラボー!!

・・・・が、2日間点滴のみで過ごしてきたためか、頭痛が取れる同時に猛烈な空腹感
そして頭痛は止まったが吐き気と目まいは止まったわけではないのであいかわらず身体を左下向き状態の固定状態
寝てしまえばなんとかなると思うが空腹感で眠れない
2度ほど意識を失いかける
さすがにヤバイと思いナースコール ポチっとな
なんでもいいから食べるものが欲しいと訴える

アンサー:「なにもないのでガマンしてくださいね(ハート」

その後6時間、今度は空腹感と悪夢と戦う
すでに精神的には死んでいた



へべく
[PR]

by rogue03 | 2006-02-10 11:56 | 徒然なる日常 | Comments(2)

Commented by CJP at 2006-02-10 19:08 x
いやいや全然腕綺麗ですよ。
週3回の血液透析で3mm針刺すんでMy left armはこれ以上ですから。
Commented by ROGUE03 at 2006-02-10 19:43 x
これ結構おさまったほうでして、退院時はこの倍ぐらいでした
ずっと点滴さしてたほうはたいした事ないんですけど
CJPさんもお身体には気をつけてください
今回の件でいろいろ考えさせられました
名前
URL
削除用パスワード

<< 入院履歴(2) 建築家の彼 >>