常軌を逸している

JR福知山線で起きた脱線事故。
連日テレビでニュースが流れてますがなんかおかしくないですか?
記者会見でまるで遺族や関係者の代弁者かヒーローになったつもりで言葉に感情をのせJR社員を罵倒する記者、JR社員がボウリングやらゴルフやら宴会を当日していたと鬼の首取ったようにつるし上げる報道内容、その話に「信じられませんねー」としたり顔でコメントするタレントコメンティター。
とにかくこういう大きな事件がおこるとマスコミの痛さが目に付きます。
d0044764_22321749.jpg

今日のNHK夜のニュースのTOPはやっぱりJR職員が事故当日にゴルフしてたとかいう内容。でそのあとに事故現場の現在の状況。逆じゃないかと。
NHKまでがそんな俗的なニュースをTOPにするのか。
まあ民放はもっとひどい。実際にこういうことがあった、とそれだけ流せばいいのに、わざわざボウリング場や居酒屋に「当日はどんな様子でしたか?」「歓声などはあがってましたか?」と聞きにいく。
その質問はある決まったコメントを求めているようにしか見えなくて非常に不快。「ええ、事故のことはしらないような感じで楽しまれてましたよ」と言って欲しいんだろう。まあ、お店の方もいちいち答えなくてもよさそうなものだが。

毎日どこそこでオーバーランしたとか酒飲んだとか、TVで取り上げるのはそこじゃないのでは。
マスコミは権力を監視するために必要なものといいますが、事故再発防止にはどうすればいいのか、ほかに危ない区域はないのかなど、調べることは他にもありそうなものなのに出てくるのはベクトルの向きを間違えた報道ばかり。
これじゃあ、JR西日本がやっていた再教育とは名ばかりの「いじめ」だった日勤教育とやってることは同じなのではないか。
遺族の方を追い掛け回したり、亡くなった運転手の知り合い探しまわって「どんな人でした?」なんてどうしようもない質問したり、献花台に花を置きに来た人を無神経にバシャバシャ写真取ったり(あれって撮影や放送許可って聞いてるの?)。

匿名掲示板などで、なにか大きなネタがあると「祭り」と称して大騒ぎになりますが、いまのマスコミもやってることがあんまり変わらないような気がします。
けっして「報道無罪」ではないということを考えて欲しいです。
[PR]

by rogue03 | 2005-05-08 21:00 | 思ったこと・・・ | Comments(0)

<< それが君の斬鬼 テス、テス >>